ETCの選び間違えは損します|ETCの種類【徹底比較】

カーナビ

このサイトに訪れて頂いた方は、このような疑問をお持ちではないでしょうか?

✔ ETCに違いってあるの? 

✔ ETC2.0って何が違うの?

✔ どのETCを選べばいい?
 

次世代のETCとして、
ETC2.0が出てきていますが、
機能面・サービス面・価格面で、
色々なメリットデメリットがあります!

この記事を読んでいただくことで、これらの疑問を解決し、
あなたが購入するべきETCを見つけ出すことが出来ます!

調べるにはかなりやっかいな専門知識が必要な情報を、
誰にでもわかりやすくお届けします!

この記事の情報は、自動車メーカーのカーナビ企画の経験と大学院のナビに関する専門知識をもってお伝えするため、信頼性は高いと考えております。

ETCに違いってあるの?

結論から申し上げます。ETCって数種類あるんです!

基本的に、ETCの種類って下記です。

スピーカー内蔵+ブザー案内

・ スピーカー内蔵+音声案内

・ カーナビ音声+カーナビ画面案内
 

スピーカー内蔵+ブザー案内

ETCが発売された当初に作られたタイプです。

カーナビと連動しません。
ETCのスピーカーで案内するタイプです。

案内はブザーが鳴るだけなので、
何の案内なのかわかりません…
そもそも、案内なのか警告なのかわかりません。

とにかく安いことがメリットですが、
後述するモデルと価格帯はあまり変わりません。

スピーカー内蔵+音声案内

ブザー案内の後継モデルとして発売しました。

こちらもカーナビと連動しません。
ETCのスピーカーで案内します。

案内は音声なので、
何の案内をしているのかがわかります。
「ETCカードが残っています」
「料金は○○円です」
などなど、便利な情報を案内してくれますよ!

価格も下がりきったので、
かなりお買い得な価格で購入できます!

カーナビ音声+カーナビ案内

一番新しいタイプです。

カーナビに接続できるので、
カーナビの画面に情報が出ながら、
車のスピーカーから音声で案内してくれます!

情報量が多いので、一番便利ですよ!
ただし、
ETC2.0に対応したカーナビを選ぶ必要があります!
また、
カーナビとETCが同じメーカーでないと、
ETCがカーナビと連動しないので注意が必要です!

ETC2.0って何が違うの?

サービスの幅が違います!

従来のETCは、
基本的に自動料金収受サービスだけです。

一方でETC2.0は、
自動料金収受サービスに加え下記のサービスが追加されます。

・圏央道割引

・渋滞回避支援

・安全運転支援

・災害時支援

・一時退出サービス
 

圏央道割引

圏央道の通行料金が2割引されます。

圏央道を良く使う方にはお得ですね!

渋滞回避支援

道路情報をカーナビに伝えることで、
渋滞回避支援を利用することが出来ます。

参照元: ETC総合情報ポータルサイト

ETC2.0は、下記の3種から道路情報を収集できます。

・VICS WIDE(範囲: 首都圏内)
・光ビーコン(範囲: 一般道路)
・電波ビーコン(範囲: 高速道路)

安全運転支援

道路や交通情報に関する危険予知に対して、
カーナビが注意喚起をしてくれるようになります。

参照元: ETC総合情報ポータルサイト

運転が得意でない方には心強い情報ですね!

災害時支援

災害の危険予知に対して、
カーナビが注意喚起をしてくれます!

参照元: ETC総合情報ポータルサイト

こちらも、運転が得意でない方にとって安心の案内です。

一時退出サービス

高速道路を一時退出しても利用料金が変わりません!

参照元: ETC総合情報ポータルサイト

もう少し詳しく説明すると、

高速道路を退出して再入場すると、
同じ区間でも料金が上乗せされてしまいます。

しかしながら、
このサービスは再入場しても料金が変わりません。

考え方としては、
高速道路の料金は「電車の運賃と基本的には同じ」と、
考えて頂くとわかりやすいです。

「乗車駅A」で乗車し「途中駅B」で改札を出て、
また「途中駅B」の改札を入って「降車駅C」で改札を出ると、
「乗車駅A」で乗車して「降車駅C」で改札を出るよりも高くつきますよね。
これが、ETC2.0の場合は「途中駅B」で降りても値段は変わらないんです!

ETC2.0一時退出サービス例

どのETCを選べばいい?

ETCを選ぶうえでポイントになるのは下記4つです!

・カーナビ連動

・圏央道割引

・料金案内

・価格
 

全てのETCを4つのポイントで評価しました!

ETC/ブザー案内

・カーナビ連動: ×

・圏央道割引: ×

・料金案内: ×

・価格: ◎
 

とにかく安く済ませたい人向けです!

ETCやカーナビで料金の確認が出来なくても、
ゲートの料金を見たり、
ネットで調べれば出で来るので、
その手間が必要ない方は、
これがあればとりあえずETCを利用できます!

ETC/音声案内

・カーナビ連動: ×

・圏央道割引: ×

・料金案内: △

・価格: ◎
 

こちらも安く済ませたい人向けです!

音声での案内なので、
ETCが料金を喋ってくれます!
また、ETCカードの取り忘れ等も、
お知らせしてくれるので安心ですね!

今なら価格もだいぶ下がっているので、狙い目です!

ETC/カーナビ案内

・カーナビ連動: 〇

・圏央道割引: ×

・料金案内: 〇

・価格: 〇
 

カーナビ画面でも料金を見たい人はこれです!

ETCの利用料金が加算されるごとに、
音声とカーナビ画面で案内してくれますし、
カーナビの履歴を見れば、
料金がいくらだったのか見られるので楽です!

価格もそこそこ下がってきてますよ!

ETC2.0/カーナビ案内

・カーナビ連動: ◎

・圏央道割引: 〇

・料金案内: 〇

・価格: ×
 

ETC2.0の恩恵をしっかりと受けたい人や、
料金をカーナビで見たい人はこれです!

価格はETCより割高ですが、
様々な機能を享受できます!

価格にこだわりがない方には安心です!

ただし、
お使いのカーナビがETC2.0に対応している必要があります!

ETC2.0/音声案内

・カーナビ連動: ×

・圏央道割引: 〇

・料金案内: 〇

・価格: ×
 

カーナビがETC2.0に対応していないけど、
圏央道割引を享受したい人はこれです!

物によってはカーナビ連動するETC2.0よりも高額になります。

後悔しないために

カーナビと連動するETCやETC2.0を使用する場合は、
カーナビ側がETCやETC2.0に対応している必要があります。
カーナビを選ぶ際、
ETCには対応しているけど、
ETC2.0には対応していないモデルもあるので、
要注意です。

どのカーナビを選んだらいいかわからない方は、
下記の記事を読んで頂ければ、
あなたに合ったカーナビをバッチリ見つけられますよ!

プロの視点でカーナビ徹底比較|ネットの情報だけでは危険【使用感は重要】

それでは!